若くしてハゲそうならAGAについて知っておいたほうが良いという情報を紹介していきます。

 

年を取ってくるといろいろと身体に異変が出てくるものです。その中で、生活する上ではそれほど支障がないものの、多くの人が悩んでいる事としてはAGAがあります。

 

AGAは最近テレビCMなどでもちょっと出てくる事があるので、わかる人もいるかと思いますが、男性型脱毛症という男性特有の薄毛です。よく頭頂部が薄くなっている薄毛、フロントの生え際から剃り込みのようになっている薄毛の中年男性を見かけることがあるでしょう。見た目でいえば、AGAはそのような形の薄毛になります。その他の薄毛には、女性が出産後に毛が抜ける分娩後脱毛症、ストレスが原因で引き起こされると言われ一般的には10円玉大に丸く抜け落ちてしまう円形脱毛症、また病気・薬の副作用として抜け落ちてしまう脱毛症などもあります。AGA以外の脱毛症のほとんどは一時的なものであり、その原因が解消されれば元に戻る事が多いのですが、AGAの場合は進行型の脱毛症であり、そのまま放置していても元の状態に戻る事はまずありませんし、それどころかどんどん薄毛が進行してしまうものなのです。ですので、早めに対策をしないといけません。

 

AGA対策として、自宅でできることでありそれでいてとても重要な事が日々のシャンプーや頭皮マッサージが重要です。そして食生活の改善や適度の運動、それらを含めた生活習慣の改善が必要になってきます。とはいえこれらの対策だけでは、なかなか薄毛が解消されるどころか、AGAがどんどん進行してしまう可能性もあります。ですので、その場合には育毛剤の塗布、病院に行って飲む育毛剤を処方してもらうのもいいでしょう。そして今すぐ薄毛をどうにかしたいというのであれば、ヘアスタイルを変えてみたり、植毛や増毛、かつらなどを利用するのも一つの方法でしょう。

 

誰でもAGAにはなりたくないものですが、その程度は人それぞれ違いますが、ほとんどの男性は少なからずAGAになってしまいます。ただ、50歳を超えてから薄毛になるのと、20代で薄毛になってしまうのとでは違うでしょう。いずれAGAになって薄毛になるとはいえ、できるだけその時期を遅らせるためにも、AGAについて学び、正しい方法で早めに対策をすると良いでしょう。

AGAって何?

多くの男性の悩みの一つがAGAです。AGAという名前は最近はCMなどでも頻繁に聞くようになってきたため、何となくわかるという方もいるかもしれません。正式名称はAndrogenetic Alopeciaであり、それを略してAGAと呼んでいるのですが、もっとわかりやすくいえば男性型脱毛症の事です。男性が起こる薄毛というわけです。

 

男性の薄毛といっても実はいろいろな種類があり、前頭部の両サイド、わかりやすくいえば剃り込みの部分から薄くなっていくM字ハゲや頭頂部が薄くなるてっぺんハゲ、円形脱毛症などの10円ハゲ、薬の副作用などによる薄毛などいろいろあります。AGAはその中でM字ハゲやてっぺんハゲという異名を持つ薄毛のタイプの事を総称して言います。

 

AGAは進行型の脱毛症と言われ、薄毛になってきたと感じてもそのまま生活習慣も変えず、何の対処をしなければどんどん進行していってしまいます。M字ハゲはどんどん進行していくとどんどん剃り込みが入ってきて、前頭部の中心だけが残ってしまう、昔でいうところのタコ八郎、最近のお笑い芸人では芋洗坂係長のようになるのです。てっぺんハゲはどんどん進行するとその面積がどんどん広くなり、昔のサッカー選手アルシンドなどのようになってしまいます。そして最終的にはM字ハゲとてっぺんハゲが一緒になり、サザエさんの波平さんのように周りだけが残ってしまうハゲになるのです。

 

AGAは遺伝によるものも大きいですが、ケア次第ではその進行を食い止めることもできますし、最新治療を施す事で薄毛解消までできるようになってきています。

AGAは何歳くらいからなるの?

AGAになってしまう、というかすでに薄毛になっている方はたいていは40歳以降の中年男性です。とはいえ、AGAはある日突然抜け落ちるものではなく、最初は髪の毛が細くなるだけ、数本抜け落ちるだけで済んでいたのがどんどん進行して、今に至っているものです。そのため、ズバリこの日!という事は言えないものの、AGAになってしまう、薄毛が始まる時期はあるものです。

 

では、一般的にはAGAは何歳くらいからなるものなのでしょうか。

 

もちろん、これは個人差があるのですが、AGAで悩み始める年齢としては、30歳くらいから比較的多くなってくる傾向にあります。人によってはそれが30代後半になることもあります。ただ、これはあくまでAGAと認識してくる年齢、つまり薄毛が進行している状態になります。AGAの初期段階としては、毛が細くなる、成長が遅くなるなどがありますので、この時点だと写真で比較すれば薄くなっているのがわかるかもしれませんが、普段の生活ではよく判断ができない事も多々あります。ですので、AGAになり始める年齢と言うとやはり20代後半くらいからは始まっているかもしれません。

 

AGA対策はAGAが進行してからではなく、AGAになる前から予防をしておくことが望ましいでしょう。そう考えると20代中盤くらいから始めてみるのもいいでしょう。そして対策にもよりますが、AGA予防は特に頭皮に悪い事をするのではなく、頭皮環境を整えるというものですので、特に薄毛に悩みがない方でもやっておいていいでしょう。

AGAと他の薄毛の違い

薄毛といってもAGAの他にもいろいろなタイプの脱毛症があります。

 

AGAと他の薄毛との違いは、見た目やその後の経過、そして薄毛になってしまう原因なども違いがあります。そのため、AGA対策をしていたが、本当は違う脱毛症だった、もしくは違う薄毛のタイプだと思ったらAGAだった、なんてこともあるかもしれません。専門家から見れば、原因こそ特定はできないものの、AGAなのかそれ以外の脱毛症なのかはすぐにわかるものですが、素人はそう簡単に判断できるものではないかもしれません。

 

まず、見た目の違いがあります。まずAGAは男性型脱毛症なので、たいていは男性が引き起こされるものです。もちろん、閉経を迎えた女性も男性ホルモンの影響を大きく受けるようになり似たような薄毛になることもありますが、ちょっと見た目も男性のそれとは違うものです。まず、30歳を超えた男性で、頭頂部、もしくは前頭部の剃り込み部分から、局所的に薄くなるようなものはAGAと思っていいでしょう。一般的な円形脱毛症は、通称10円ハゲとも呼ばれるように、10円玉大に丸く禿げてしまいます。AGAも頭頂部も丸く薄毛になることもありますがAGAの場合には薄くなっても産毛など細い毛が生えている事が多く、どこからが明確に薄毛なのか境目がありません。円形脱毛症は一切の毛が生えておらずツルツルになります。そしてその境目はくっきり分かれています。

 

それ以外には髪の毛を一定方向に引っ張り続けることで引き起こされる牽引性脱毛症もあります。こちらは引っ張る方向によっては前頭部から薄くなることもあり、AGAに似ているかもしれません。そういったヘアスタイルをしている人以外はその可能性がないので、自分でもわかるかと思います。

 

決定的にAGAと他の薄毛の違いは、AGAは進行型の脱毛症であることです。そのまま放置すればどんどん進行していきます。その他の薄毛は原因が排除されればまた元に戻る事があるのですが、AGAは抜け落ちてしまうと現状維持がせいぜいでなかなか元には戻りづらいのです。

AGAのメカニズム

AGAは実際どのようにして進行していくものなのでしょうか。ただ抜け毛が増えて髪が細くなるからでしょ、と思うかもしれませんが、厳密に言えばちょっと違うのです。

 

AGAのメカニズムを説明する上で欠かせないのが、毛周期です。一見、髪の毛は全ての毛が毎日伸び続けていると思いがちです。ですが、実際は、成長を続けている髪の毛もあれば、成長が緩やかになっている髪の毛、成長がストップした髪の毛、そして抜け落ちやすくなっている髪の毛もあるのです。

 

この周期については個人差はあるものの、たいていは3~5年周期になっています。確かに全体の80~90%の髪の毛は伸び続ける成長期にありますが、3~5年経過すると成長が悪くなる退行期になり、これが2~3週間ほど続いて髪の毛の成長が完全にストップする休止期に入りこれが3~4ヶ月ほど続いた後、抜け落ちてしまいます。そしてまた新しい髪の毛が生まれて成長していくというサイクルになります。

 

そのため1日に50~100本は髪の毛は抜け落ちるのですが、その数がバランスよく保たれているのです。

 

AGAになると、本来なら3~5年続く成長期が、短くなってしまい、充分に成長しないままに退行期、休止期となっていくのです。それが頭頂部もしくはM字部分で局所的になるので、薄毛になってしまうというわけなのです。これがAGAのメカニズムになります。この成長期を長くするための対策がAGA対策になってくるのです。もしこのまま放置していると、成長期がほとんどなく毛根も成長しなくなって毛根自体が消滅してしまう事になる、自然な状態では生えることがなくなってしまうのです。

 

M字はげ 治療

2017/07/08 21:40:08 |

AGAになってしまう原因としては加齢があります。人間の身体はある程度の年齢を過ぎると肌や内臓、筋肉、その他いろいろな部位に衰えが出てくるものです。当然頭皮も衰えがやってきてしまいます。AGAにはいろいろな原因が考えられますが、元をたどれば加齢が一番の原因となってしまいます。AGAになる原因には頭皮ケア不足、皮脂の過剰分泌、栄養不足などいろいろな原因がありますが、20歳くらいの方は、たとえ毎日シャンプーをしなくても、皮脂が分泌しても、レトルト食品ばかり食べていたとしてもすぐにAGAが発症する事はないでしょう。そして、年齢を重ねるに従ってAGAの状況は悪くなっていくものです。

 

また、AGAになってしまう原因自体も加齢によって引き起こされることも多いのです。皮脂の過剰分泌も年齢が高くなる事で起こってくるものですし、血行不良も加齢により血管の弾力が低下して流れが悪くなるということもあります。肥満もAGAの原因とされていますが、これすらも年齢が高くなる事によって基礎代謝が低下してしまい、太りやすくなってしまうのです。極端に言えば、加齢により疲れやすくなって、毎日のヘアケアもしんどくなる、ということもあるのです。

 

ただ、加齢が原因でAGAになるのだから仕方がない、と諦めてはいけません。加齢による衰えはあっても、対策次第ではその悪状況を回避もしくは緩和する事も出来ます。つまり、何もしなければ30歳でAGAになって薄毛になってしまうところを、しっかりケアすればそれが35歳まで引き延ばす事もできるのです。加齢はどう仕様もありませんが、それをいかに髪へ影響を与えないようにするのかが大事なのです。